レーパーバーンは世界でも有名な歓楽街である。ハンブルク港にほど近く、西側はハンブルク・アルトナ地区に隣接している。19世紀末、ザンクト・パウリにはすでに歓楽街ができあがっており、ザンクト・パウリにあったハンブルクの市門の前には、“貧しい人の街”と書かれていた。簡素な造りの住まいや、ときにはテントの中で、商売上手な男ら女らが彼らのサービスを提供していた。ほどなくしてサーカスや、ショー、シアター、あるいはその後の宿屋につながる酒売場ができ、これがハンブルクの文化として栄えることになった。今日のSpielbudenplatz(シュピールブーデン広場)はすでにその一部であった。そしてここでは“金稼ぎ”が今でも重要なのだ。ハンブルクの市壁の内側では、売春婦による“金による愛”が禁止されていたために、この市壁の前の地区にはいつも市民や船乗りたちが快楽を求めて来ていたのだ。レーパーバーンは当時900メートルという長さが理想とされていた。というのも長いロープを互いにからませ船舶用ロープを製造するためにそのくらい必要だったのだ。それに従事していた職人らのことを人々はロープ作りのチンピラ(Reepschlägerレープシュレーガー)と呼び、ほどなくしてその通りのことを彼らにちなんでレーパーバーンと呼ぶようになった。今日ではザンクト・パウリ地区もれっきとしたハンブルク市の一地区となっている。ここではカルチャー・アミューズメント・エロティックが隣り合って存在しているのだ。ここの住人は多文化で、あらゆる職業、あらゆる階層の人がいる。シアターやミュージカルの文化はここで甚だしく成長した。レーパーバーンのシアター文化は重要視されている。ザンクト・パウリ・シアター、シュミット・シアター、シュミット・チボリ、帝国シアター、それからプルバーファスなどは中でも一流のシアターである。ミュージカルも有名で、ライオンキングや、ダーティーダンス、ロングランヒットのマンマミーアなどが常に観客を湧かせている。新たな業績としては、カフェ・ケーゼでのクヴァッチ・コメディー・クラブがヒットしている。飲み屋の横にはレストラン文化が発展した。ここでは一流の食事も提供されているのである。たとえば、フィッシャーハウス、リバー・カーゼマッテン、フロイデンハウス、マレド、ステーキ&フィッシュハウス、ドールハウスディナー、シュヴァインスケ、クネオなどである。さらにレーパーバーンの中でも世界中に有名なのが、モデレ・ハンブルク、FCザンクト・パウリ、シアター・ハンブルク、ミュージカル・ハンブルク、ダヴィットヴァッヘ、ハンブルク・レストラン、フィッシュマルクト、イベント・ハンブルク、ランドゥングスブリュッケン、レストラン・ハンブルクなどである。

押印

Warning: require_once(/homepages/22/d464565553/htdocs/reeperbahn-reeperbahn/wp-content/themes/reeperbahn/footer.php): failed to open stream: Permission denied in /homepages/22/d464565553/htdocs/reeperbahn-reeperbahn/wp-includes/template.php on line 572

Fatal error: require_once(): Failed opening required '/homepages/22/d464565553/htdocs/reeperbahn-reeperbahn/wp-content/themes/reeperbahn/footer.php' (include_path='.:/usr/lib/php5.6') in /homepages/22/d464565553/htdocs/reeperbahn-reeperbahn/wp-includes/template.php on line 572